BARBERHIROSHI blog

BARBERHIROSHIからのお知らせです。

富山へ・・・(その2)

富山への追っかけ弾丸ツアーの続き・・・
今日は「その2」


世界遺産の菅沼合掌造り集落を堪能し、
車を走らせ向かったのが富山の強豪校。

805R1014412.jpg

なんかいろんな部活が全国大会に出てるな・・・
(文武両道校?)


805IMG_0017.jpg

着いたのが9時過ぎ。
ちょうど始まるところでした。

しかし富山も暑い、小出なみに暑い。
日焼け止めを忘れたオラは大目にあいました。



しかし!
オラはこの学校を気に入った。


理由は・・・


805IMG_0533.jpg

グランドの真後ろにアニメ柄の電車が走ってるのです。

試合よりそっちのほうが気になって、気になって。




1試合目が終わり、昼食を食べに道の駅に・・・
(道の駅が一番手っ取り早くそこの地場産を食べれると思ってね。)

805R1014418.jpg



805R1014417.jpg
こんな中国風の物産館もある道の駅でした。


で食べたのが↓

805R1014414.jpg
「三色彩り冷麺」(てんぷら付き)

なぜか朝に続き麺を頼む男。

やっぱ暑すぎて食欲が落ちてるからなのか?
なぜかうどんやそばという文字に反応・・・


そそくさと食べ、試合会場に戻り
2試合目をパパラッチ。

試合終了は4時近くになり、
車に給油して氷見のホテルへと向かう・・・


そして到着したところは↓。
周りになにもない
ショッピングモールの真ん中。
駐車場に囲まれたホテル。

805R1014424.jpg

ネットで調べて予約した格安のビジネスホテルでした。
(一泊朝食付き6500円)


部屋の窓からの景色を楽しみにしていたのですが・・・

805R1014421.jpg
氷見の港は見えず・・・

遠くにシンボル的な橋が見えるだけ。


805R1014422.jpg

眼下には「キタムラ」「コインランドリー」「ローソン」「ドラックフジイ」「しまむら」・・・
どこにでもあるロードサイド店のオンパレード。

氷見に泊まる意味はナシ・・・

お金をかけて「氷見阿尾の浦温泉 ホテル永芳閣」(TVCMばんばん。)
でも泊まればいかったか?


なんて思いながら夕食の場所を探す・・・

外に出ると見える看板は「ガスト」

氷見に来てガストってこたぁねぇろ。

で、目の前に「氷見カレー」なる看板を発見!

805R1014426.jpg

駐車場に車はない・・・

なんかイヤな予感。


お店に入ったらやっぱりお客はゼロ。

夫婦と思われる店員さんが二人。

オラは一人なのでカウンターに通される。

メニューを見て「一番のお勧めメニュー」を探す。

そして「氷見カレーセット」を注文。


数分後に氷見カレーセットが運ばれてくる。


カメラを取り出す。

しかしカメラを構えられない・・・


カウンターの後ろにテレビがあるのですが、
店員さん二人でテレビを見てるのが
なんかオラのほうを見てるようで・・・
(自意識過剰)

ブロガー失格の烙印が押された瞬間。

オラは一刻も早く「たった一人の客」から解放されたくて
無我夢中で氷見カレーセットをむさぼる!

味はよくわからん。

セットの中身は・・・

「氷見カレー」と「氷見うどん」のセットでした。

これで三食「麺」の完結。

なぜに氷見まで来てこんなことになるんだ・・・
と一人反省。

すし屋にでも飛び込んで
「おやじ、適当に握ってくれ。」
なんて小心者のオラはできるはずも無いのだから
普通に遠征先の近くのホテルに泊まればいいものを・・・

反省しながらの晩酌は「プレミアムモルツ」2本でした。
(これが一番の贅沢とは・・・



しかし麺な日々はこれで終わりではなかったのです。







805R1014427.jpg

一夜明け、ホテルの朝食バイキングのメインは・・・
「氷見うどん」


805R1014428.jpg

やけくそで2杯おかわり!

まさかまさかの4食「麺」。




「お昼は・・・今日のお昼は絶対に魚を食べる!」
と心に誓い宿を後にしたのでした。



続きはまた明日の日記で・・・


FC2Ad