BARBERHIROSHI blog

BARBERHIROSHIからのお知らせです。

大人の鳥追い



昨日は昼頃まで雪が降り続きました。



早朝のスポーツはもちろんしましたとも。


1151DSC_0470.jpg

昨日も一日氷点下。

雪の壁は自動車の高さを超えました。




1152DSC_0471.jpg

看板の上にも雪がいっぱい積もるほど。




大雪になると気をつけねばならないのが
雪堀理での屋根からの転落や生き埋め。


そして河川の増水や雪で流雪溝があふれたり
蓋が開いていたり・・・

とにかく危ない事だらけ。


子どもやお年寄りは特に気をつけねばなりません。




昨日の午後にも県警ヘリがうちの前の魚野川をホバーリング。

1153DSC_0482.jpg

誰かが川に落ちたと推測されるけど詳細はわかりません。


とにかく今の時期は危険がいっぱいなのです。



この時期の夜は大人が危ない。(千鳥足なので。)



でも果敢に出かける。


1154R0015784.jpg


夜にはこんな月夜に・・・

(相当な冷えを予測。)





昨日は「大人の鳥追い」

(小正月の行事をアルコール注入しながら・・・)


1155R0015785.jpg

オークのマスターが「カルメ焼き」の実演をしてくれたのです。



実は自分こんな歳でも「カルメ焼き」を知らない。


マスターは子どものころは毎年鳥追いではかまくらの中とかでカルメ焼きを焼いていたとか・・・

自分はもっぱら「今川焼き」(この地方では「おやき」と言ってました。)


マスターはだから↑のような専門用具(銅製のおたま)を持っていたのです。


まずは水をお玉に入れて温めるから開始。





1156R0015787.jpg

そこへ「ザラメ」を投入。





1157R0015790.jpg

軽くかき混ぜながら「あめ色」になるまで待つ。

(正確には125℃)





1158R0015794.jpg

そして火から離し「重曹」を少し加える。





1159R0015795.jpg


ただひたすらかき混ぜる。






1160R0015798.jpg

そして冷やす。






1161R0015799.jpg

もう一度火であぶり、おたまから取り出して出来上がり!


簡単なようで難しい・・・


奥が深い食べ物のようです。





1162R0015802.jpg

もちろん常連みな実習!






人が実習してる間は↓。

1163R0015803.jpg

「津南ポーク」





1164R0015807.jpg

甘いカルメ焼きよりやっぱり「しゃぶしゃぶ」ですね。




1165DSC_0492.jpg


遅れてきた美女も手ほどきを受けながら実習。






1520725_267356093420234_1611764853_n.jpg


もちろん自分も「仕事のときより真剣な顔」で実習しました。




いや~、生まれて初めての「カルメ焼き」は楽しかった。


大人の鳥追いはいいね。(笑




116R0015812.jpg


帰り道で一枚。


千鳥足でこんなところを歩くのは危険です!

この時点で氷点下6℃!!



飲み歩くのは「ほどほどに!!」


(と自分によく言い聞かせておきますね。)


FC2Ad