BARBERHIROSHI blog

ARTICLE PAGE

20 2013

今日までそして明日から

昨日は雨のち曇り時々晴れ。


湯沢とか標高の高いところは雪やみぞれになったようです。


こちらは雪にはならんかったけど、寒くて風も強かったので
体感温度は相当寒かったです。




昨日は午前中からバタバタと野暮用が多かったです。

4月も中旬になり仕事は暇なのですが、
新年度は何かと忙しく。


そんな今日この頃・・・


自分はいじめられやすいのか(Mだからか?)
昨日も恫喝されて。(嫌な事言われ。)(苦笑



恨みつらみがあるのかなんだかわからんけど、
人前であんまりよろしくないなと・・・



でも、昔なら自分も頭に血が上り
逆上するのですが、年取ったせいか、人から何か言われてもあまり気にならなくなりました。
(最近いろんなことがあり打たれ強くなったのかな?)


てか、怒ったって逆上したって何も良いことはないと思う。




人生一度きり。



楽しく生きたいです。





そんな事を思いながら橋まで良い空気吸いに。


420IMG_9130.jpg
14:00分。
定点観測。

午後になると天気は回復してきたけど雲は多し。






420IMG_9132.jpg

小出スキー場の雪も大分融けましたね。

下倉山はほとんどなくなりました。





420IMG_9133.jpg

権現堂山も知らないうちに消えました。


しかし、昨日は風が強かった。

カメラ持つ手が震えるほど。



寒くて寒くてそそくさと退散。



そしたら橋の向こうの信号のKシートさんちの桜が・・・

420IMG_9135.jpg


2,3分咲きといったところでしょうか。



こちらも知らないうちに咲いてました。


ここのところの野暮用とかいろいろな出来事で心も落ち着かない日々。


桜を見てホッと一息といったところでしょうか・・・




420IMG_9137.jpg


やはり桜は日本の心なのかな。



昨日はそんな事を思うのでした。





心が折れそうな昨日は
午後からイケメン(イクメン)ときれいな女性が訪ねてきてくれて・・・
(某教習所の先生と営業の方。)



いろいろと楽しい(野球とか)お話ができて、スッキリ心も晴れ晴れしました。

(高校卒業したての美女とお話しできて鼻の下が伸びた事が一番ですが。)






仕事を終えて向かったのは・・・



もちろん・・・


4201DSC00644.jpg

ないと「おーく」で晩酌でした。



昨日の肴は温泉卵。


これまた絶品でして。


疲れた心に染み渡る緑川正宗もしかり。




昨日は町内のコーイチくんと自分、マスターの三人でちびちびと。


偶然にも三人とも大病(自分はたいしたことないけど)で入院した身。


人生の「挫折」を味わっています。



なので共感するところ多かった。




今日は午前7時開店なので
早めに帰ろうとしたのですが、
一曲だけどうしても聴きたくて。




それがマスターの弾き語りの「今日までそして明日から」



もちろん自分も一緒にボンゴ叩きながら歌わせてもらいました。


この曲はマスターのバイブル。

人生の転機になった曲。



自分も同じような境遇・・・



曲も大好きですが、詩が大好きです。



もうすぐ50です。


残りの人生どうなるかわからない。


だから一日一日を有意義に
そして楽しく生きたい。





「今日までそして明日から」

私は今日まで生きてみました

時には誰かの力を借りて

時には誰かにしがみついて

私は今日まで生きてみました

 

そして今私は思っています

明日からもこうして生きてゆくだろうと

 

私は今日まで生きてみました

時には誰かをあざわらって

時には誰かにおびやかされて

私は今日まで生きてみました

 

そして今私は思っています

明日からもこうして生きてゆくだろうと

 

私は今日まで生きてみました

時には誰かに裏切られて

時には誰かと手を取り合って

私は今日まで生きてみました

 

そして今私は思っています

明日からもこうして生きてゆくだろうと

 

私には私の生き方がある

それはおそらく自分というものを

知るところから始まるものでしょう

 

けれどそれにしたって

どこでどう変わってしまうか

そうですわからないまま生きてゆく

明日からもそんな私です

 

私は今日まで生きてみました

私は今日まで生きてみました

私は今日まで生きてみました

私は今日まで生きてみました

 

そして今私は思っています

明日からもこうして生きてゆくだろうと


1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/20 (Sat) 11:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment