BARBERHIROSHI blog

ARTICLE PAGE

04 2014

全中スキー大会


昨日は午前5時に小出を出発し
スノーパーク尾瀬戸倉スキー場まで・・・

女房と全中スキー大会の応援に行ってきました。


お客様であり家族ぐるみでお付き合いのあるコンちゃんちの次男ユウキ君が
県大会で3位入賞し見事全国切符を手にしたのでした。(回転種目で)

ちょうど月曜日が大会だったし、お隣群馬県で開催とあれば
行かないわけには行きません。





2041IMGP0143.jpg

日の出前の午前7時過ぎに到着。
(沼田ICから約1時間)

すでに全国各地の車が駐車場に満杯。


車のナンバー見ただけでやっぱり全国大会だな・・・と実感。




2042IMGP0160.jpg

8:02分。

山の陰から日が射してきて気温の上昇を実感。





ゲレンデ前には特設売店が設置され
記念Tシャツとかグッズが飛ぶように売れてました。


204IMGP0163.jpg

早く買わないと売り切れるのだとか・・・

(保護者の方々必死です。><)





2043IMGP0165.jpg

こんな記念せんべいも・・・






さてさて大会会場まで急ぎましょう・・・


204IMGP0168.jpg


リフトを一本上がったところがゴール地点。





2044IMGP0171.jpg

リフトを降りて振り返ると・・・

素晴らしい天気に素晴らしい景色、そしてポカポカ陽気で最高でした。^^





2045IMGP0175.jpg

Vの字の右側が「男子」左側が「女子」のコースです。


残念ながら一般の観客は赤いネットの中には入れません。(当たり前ですが。)

少しでも上のほうで撮ろうとも思ったのですが、
斜面が急すぎだし何よりネットが上部まで覆って・・・


男子のスタートが見えてる太陽の左側のようですが、
ここからは見えません。

(コレが後から考えれば失敗でした。)


最初に男子、そのあと女子のスタートです。


2045IMG_2547.jpg

午前9時過ぎに男子の回転競技スタート。


真ん中に写ってるのがプロのカメラマン。

(なんとかもぐりこんであそこに行きたい・・・)



自分は下のほうで静かに(いやシャッタ音うるさく。)撮りまくる!


生まれて初めてのスキーの撮影に
ドキドキワクワクでした。





ここからは選手のカッチョいい姿を数枚UPします。
(せっかくなので大き目な写真ですがご容赦を。)


2046IMG_2524.jpg






2047IMG_2566.jpg

(プライバシー保護のためゼッケンぼかせるところはぼかしました。)







2048IMG_2643.jpg






2049IMG_2653.jpg






2050IMG_2684.jpg






2050IMG_2743.jpg






2052IMG_2920.jpg






2051IMG_2824.jpg


男子の選手はトップシードの選手たちから
転倒者旗門不通過者が続出。

スタート直後や↑の急斜面のところが鬼門でした。





県3位の威信をかけて臨んだユウキくんでしたが、
やはり一番心配だったスタート直後の急斜面で足を取られたらしい・・・

(もっと上で撮ってたら・・・・と後悔の念に。)



なんと新潟県勢上位陣総崩れとなったのでした。



100分の1秒を争うスキー競技ってのは
これほどまでに過酷で厳しい競技なのか・・・


ずっとずっと夢見て(厳しい練習に耐えて)
やっとやっと手にした全国の舞台。


それが数秒で終わってしまう無残さ・・・




わざわざうちらの前に来て「応援に来てもらったのにすみませんでした。」と頭をさげ
大粒の涙を流すユウキ君にかける言葉は見つからなかったけど
ここまで頑張ってきた事は紛れもない事実。

胸張ってほしい。


何よりまだ2年生。

来年はこの悔し涙を嬉し涙に変えてほしいと願っています。







そんな感傷に浸ってるまもなく
女子がスタート。



2053IMG_3042.jpg


女子も男子と変わらず力強い滑り。


(ただ旗門は男子より優しい設定か?)






2054IMG_3114.jpg






2055IMG_3169.jpg






2056IMG_3221.jpg







2057IMG_3332.jpg

↑はユウキ君と共に魚沼勢から唯一の全中切符を手にしたサトウさん。


実はおばあちゃんを亡くされたばかりの失意の全国大会でした。



数日前まで全国大会は諦めかけてたとか聞きました。




家族の温かいサポートがあり出場を決めたらしいです。




スタートから力強い滑りを見せてくれ
しっかりとゴール。


天国のおばあちゃんに見守られての「魂」の滑りに感動でした。





残念ながら所用で2本目は見れなかったけど
お父さんからのFBのコメントでは
「涙を流しながらのゴールでした。」と書いてありました。



入賞には届かなかったようですが、
天国で見守ってくれたおばあちゃんにはきっと届いた事と思います。





たった数秒、数十秒に隠されたなかにもいろいろなドラマがあるスキーと言うスポーツ。


はじめてナマで見させてもらったけど
過酷で厳しいシビアな競技で胸が張り裂けそうになりました。




今まで結果を見ただけで一喜一憂していた自分が恥ずかしくなるほど
感動的なドラマのある昨日の全国大会観戦でした。



4 Comments

こん  

ありがとうございました。

昨日はわざわざありがとうございました。長男の夢でもあった全中に次男が挑みました。身につけている装備は全て兄のお下がりで、魂を背負っての挑戦でしたが、残念な結果となってしまいました・・・ 
家に戻り本人からのメールで「今日は本当にありがとう。来年も、全国行って入賞出来るように頑張るから。」と私も妻も涙ポロポロでした。子どもの頑張る姿を見るのは楽しみ&ドキドキですね。お世話になりました。

2014/02/04 (Tue) 10:06 | EDIT | REPLY |   

やーさん  

いいね

ブログのなかのドラマも、お父さんのコメントも心に響きました。大切なことがいっぱい詰まってます。思わずコメント書いちゃいました。

2014/02/04 (Tue) 13:44 | EDIT | REPLY |   

hiro  

こんちゃん、

昨日はホント残念でしたね・・・
でも数々のドラマを見れて感動しました。
応援に行ってよかった!(女房ともそう話してます。)
タクマ君のお下がりか・・・そんなエピソードがあったなんて。
そしてユウキくんのメール・・・またまたこちらも「もらい泣き」してしまいました。><
また機会があれば必ずパパラッチへ行きますね。頑張ってください。応援しています!!

2014/02/04 (Tue) 15:02 | EDIT | REPLY |   

hiro  

やーさん、

コメントありがとうございます。

今まで(身内にいなかったので)何とも思わなかったスキーという競技。
まさかこんなにも過酷で様々なドラマがあるとは・・・
どんなスポーツにも栄光と挫折があり裏に壮絶なドラマが数々あるのだと再認識。
スポーツが益々好きになりました。^^

2014/02/04 (Tue) 15:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment