BARBERHIROSHI blog

ARTICLE PAGE

24 2012

魚沼の夜明け


昨日は晴れ時々曇り。


予報では快晴だった気がするけど、
一日曇天で朝晩は特に肌寒かったです。




そんな昨日も早朝散歩を少し。


日の出の時間がだんだん早くなって
4時半過ぎには支度しなければならなく
早朝からバタバタ・・・




2012524001.jpg
5:04分。

昨日の朝は雲が多く出てました。
この雲がいろんな形を描くので面白い。



早朝4時過ぎから起きて散歩するのは
魚沼のいろいろな表情の景色が見れるから・・・
(早起きの特権。)






2012524003.jpg
5:05分。
定点観測。

昨日は霧がかかって幻想的な越後三山。

やはり雲は面白い形を描く。


魚野川の水の濁りはなくなりました。







さて、魚沼の景色が美しく
そして撮るのが楽しい今日この頃・・・



実は日・月連休だった先日の20日(日)の早朝は午前2時起床でした。
(てか年寄り特有の生理現象)



起きた時は長男が寝る時でした。



また寝ようとも思ったのですが、
何気に窓の外を見ると満天の星空。




これはちっと行くっきゃないな・・・と。


次の日の金環日食の予行練習もしんば・・・
(まったく関係ないと思うけど。)


三脚にレリーズに懐中電灯を積んで山へGO!





いつも来ている小出スキー場のジャンプ台でした。
(車を横付けして。)



午前2時すぎに山へ一人で来るほど怖いことはないです。



写真撮るには光が入ると駄目なのでエンジンはもちろんライトも完全オフ。


懐中電灯の灯りを頼りにカメラを設定して撮らんばなりません。
(真っ暗な恐怖と戦いながら・・)







520004002.jpg
2:42分。

スキー場から見た魚沼市街。

こんな景色が撮れるので、怖くても来てしまうのです。


でもこの風景は肉眼では見えません。


長時間露出で撮るとこんな風に浮かび上がるのです。



Yoっち先生に教わった夜景撮影ですが、
実際に見た景色と違うのがオラの「ツボ」にはまった。


どんな風に写るのかがわからんほうがなんだか楽しい。



そしてプロの写真家には怒られるかもしれないけど、
パソコンでいくらでも好きな風にいじれるのが好き。
(やっぱ邪道だと思うけど。)





夜景は何とか撮れるけど、
星空(星景写真)は苦手です。





なんせ星は北斗七星とオリオン座しか知りません。





520003014.jpg
2:56分。

↑の写真の真ん中に北斗七星が写ってるのですが、わかりますかね?

ちなみに堀之内方面を写してます。
(山の中腹の光は公衆トイレです。)







520005020.jpg
3:01分。

飛行機の音がしたので慌ててカメラを向けて撮りました。
(30秒露出)








5200006028.jpg
3:10分。

車のボンネットにカメラを直置きにして適当に撮った一枚。
(もしかしたら天の川?とも思ったのですが、違うようです。)←そんなことも知らないで星を撮る男。








520004001.jpg
3:16分。

星の撮影はまた今度Yoっち先生に教わることにして、
やっぱり一人では夜景撮影がいいな・・・

こちら魚野川から自宅、向こうは湯之谷方面、右は干溝方面です。




もうこの時間から星が見えずらくなり、あたりが少し明るくなってきました。




ワクワクドキドキの時間・・・





042.jpg
3:30分。


まさに「魚沼の夜明け」です。

(向こうの山は権現堂山です。)



こんな写真が撮れるのも早起きの特権。


てか、自分でも気がつかなかったけど
3:30分にはもうこんなに明るくなってるのですね。








523001001.jpg
4:05分。


30分後にはもうこんなにも明るくなって
スキー場やジャンプ台もハッキリ確認できます。



日の出はこの約1時間後です。


それまでここで写真撮ってようかとも思ったけど、
とにかく寒かったことと、一人ぼっちで寂しかったこと・・・・


そしてなにより「ガサゴソ」と動く動物の足音の恐怖といったら・・・





夜景&星空撮影はとにかく孤独と恐怖に耐えながら・・・



だからこその写真なのでしょうね。

0 Comments

Leave a comment